禿げエリートの俺が発毛系商品に手を出した結果

5年ほどで薄毛の悩みはほとんどなくなりました。(ハゲ始めたのは22歳くらいの時、一族みんなハゲ泣)


これが確固たる事実。ま、禿げ方が良かったのだと思う、今思えば。

 

男の禿げってのは前からくるタイプとてっぺんからくるタイプがある。
俺の場合は後者だった。


カッコ悪さ的にはてっぺんの方がきついと思うけどね。

後ろから見て禿げているのがわかると、なんか陰口言われているような感覚がするんだよ。


禿げがコンプレックスなっているほどのその傾向は強いと思う。
前から来る場合は短くしたり、前髪で隠したり、と色々対策がてっぺんよりはあるしね。

でも改善しやすさは圧倒的にてっぺん。


俺はエリートだけあっててっぺん中心だけど、前からも少し剥げていて軽度のM字だった。
M字部分にも同じ対処をしたのだが、今でも劇的な改善はみられない。

 

なんとか進行を食い止められているってのが現実だ。
俺は2chのハゲ板で基本的に情報収集をしていたが住民たちも似たようなレスをしていた。


やはりてっぺんより前の方が改善しにくいってのは鉄板の意見だと思われる。

 

んで俺画がハゲを改善させるために何をやったかというと、最初は発毛サプリ系の物。
具体的にはノコギリヤシとカプサイシンを主成分とした発毛サプリ。
これは今思うとちょっと判断をミスった。最初は無難にリスクの低いものに行こうという気持ちが強すぎた。

3ヶ月程度続けたが、目に見える結果はナシ。失敗と言ってもいいだろう。
次に手を出したのが王道の発毛法である飲みと塗りの併用。


これははっきりいって個人的に効果てきめん。
同じ3ヶ月で明らかに目に見える効果があった。使う前のハゲ具合を100としたら60までには確実に減ったね。


こうなるともう加速がついているから、毎日欠かさずに飲むタイプを飲んで育毛剤を塗り続ける日々。

 

1年もすると以前よりもコンプレックスは大分少なくなっていた。もう惰性で続けていた感じ。
性格も以前より明るくなって、外出する機会が増えたと思う。


これはハゲ改善治療の大きなメリットであると思う。コンプレックスってどうしても人を暗くするからね。

2年目3年目は順調に改善が続いた。最初の年ほどの劇的な変化はなかったが確実に目に見えるレベルで毛は増えて太くなっていた。


んで5年目の今にいたると、ほぼコンプレックスからは解き放たれている俺がいる。

 

俺の場合はハゲ方と対処の早さが良かったと思うのだが、本気でハゲに悩むやつは一刻も早い対処が重要なのは間違いないと思うわ。