夏の日差しを思い出した

2016年初の真夏日を観測する地域もちらほら。


群馬とかの内陸部は相変わらず暑そうですね。
単身赴任で前橋には短時間滞在したことあるけど、夏の日差しはすごかった印象。

 

東京も似たようなもんですけどね。都心部は。
コンクリートが熱を貯めこんで夜も暑い。割りとマンションの高層部に住んでいるんですが、熱は残ったまま。
夜なのに28℃とかなんて久しぶりだな〜。冷房入れるまでではないが。

 

窓を開ければ丁度良いのだろうが、外は幹線道路だからうるさくて無理。
都内住みは騒音との戦いですわ。


こう暑くなってくると趣味の釣りもちょいと熱が下がるかな。

魚達の活性も落ちますからね、夏の季節は。
釣りは春とか秋の季節が最適。活性的にも環境的にも。


上手く日陰をゲット出来れば良いけど、良い釣り場だと常連のじーさんとかが朝早くて良い場所が取れないことがしばしば。

 

暗黙の了解でここは誰々さんの場所だとかっていう嫌な釣り場もある。
そういうとこはさっさと引き上げてもう行かないけどね。


本格的に夏に突入する前に、ゆったりとヘラブナ釣りでも行きたいな〜。